VODファンホーム動画配信サービス解説

ダウンロード(オフライン再生)できる動画配信サービス

オフライン再生(ダウンロード可)とは?

動画配信サービスのオフライン再生(ダウンロード可能)とは、一時的にPC、スマートフォンやタブレット端末などに動画をダウンロードできるシステムで、電波状況の悪い場所や、電車、自動車、飛行機など移動中などの様に、電波状況が悪くネットの繋がりが悪い環境では安定して動画を見ることが難しくなります。そういった環境でも動画が安定して見られるように、事前に端末に動画がダウンロードできる仕組みを提供している動画配信サービス会社がいくつかあります。利用シーンとしては、新幹線や深夜バス、飛行機など、電波の悪い状況が続くような長時間の移動での利用に便利です。

オフライン再生可能な動画配信サービス

ダウンロード(オフライン再生)は、大半の動画配信サービスで対応しています。PCやスマホ、タブレットに専用アプリをインストールして、ダウンロード機能を利用して端末に保存することが出来ます。動画配信サービス会社によってダウンロード(オフライン再生)できるデバイスが異なります。

動画配信サービス会社 ダウンロード可否 利用可能デバイス
hulu 不可
U-NEXT スマホ、タブレット
NETFLIX PC、スマホ、タブレット
dTV PC、スマホ、タブレット
ビデオパス スマホ、タブレット
TSUTAYA TV Android一部機種のみ対応
Amazonプライム・ビデオ スマホ
楽天SHOWTIME スマホ、タブレット(ダウンロード可能な作品少数)
GYAO! 不可
バンダイチャンネル 不可

利用できるデバイスは動画配信サービス会社によってまちまちで、スマホ、タブレットはほとんどの会社で対応していますが、スマホのみだったり、androidの一部機種のみの対応だったりするケースもあります。また、NETFLIXとdTVに関してはPCにもダウンロード(オフライン再生)対応しており、PC専用のアプリをインストールすることでPCでもダウンロード(オフライン再生)が出来るようになっています。

利用可能な作品と再生期限

動画配信サービス各社によって異なるようですが、全ての作品がダウンロード(オフライン再生)可能な訳ではありません。ダウンロードが可能な作品とそうでない作品があり、また、ダウンロードした作品には再生期限が決められており、各社毎、作品毎に再生期限が異なります。

動画配信サービス会社 再生期限
U-NEXT 最長48時間
NETFLIX 作品毎に異なる
dTV 期限なし
ビデオパス 24時間~48時間
TSUTAYA TV 作品毎に異なる
Amazonプライム・ビデオ 視聴し始めから48時間以内(視聴してなければ30日まで保存可)
楽天SHOWTIME 作品毎に異なる

ダウンロード再生とストリーミングの違い

動画再生にはダウンロード形式とストリーミング形式の2種類あります。
ダウンロード再生とは、一旦端末に動画を保存して再生する方法で、端末に動画が保存されているので、インターネット環境が悪い場所でも動画を見ることが出来ます。ストリーミング再生はネットに接続した状態で動画をダウンロードしながら視聴する方法で、ネット環境につながっていれば、好きな動画をいくつも見ることが出来ます。

ダウンロード(オフライン再生)可能な動画配信サービスを解説しています。ダウンロード再生の説明や対応している会社の紹介です。